連結納税で節税対策|ワークフローで効率的な仕事をする

スーツの人達

導入時の問題点

オフィス

自社の用途に合致するか

ワークフローシステムを導入する際に一からその企業の仕様に合わせて作成する事も可能ですが、その分コストもかかります。できるだけ初期導入費用を抑えたい場合、パッケージ版などを利用することも可能ですが、コストばかりに目をとられていると使いにくいシステムになってしまい、業務の効率化どころか効率が逆に悪くなってしまう可能性もあります。企業によって社内だけで決済を行うとは限りません。営業職など外出が多い職種においては外での決済も必要になります。パッケージ版に外出先でも対応できる仕様でなければその企業での価値はなくなってしまうのです。すべてを網羅した多機能版では逆にコストはいくらあっても足りません。ワークフローシステムを導入するうえで一番難しいところなのです。

現行システムの見直し

汎用性の高いワークフローシステムであれば、どんな場面でも対応できると考えがちですが、汎用性が高いということはそのセキュリティ上の穴も多いことにつながります。ワークフローシステムで取り扱うのでは社内の機密事項です。そのためできる限りセキュリティ面を落とさずに対応できるのが望ましい方法となります。コストを最小限にするためには、現行の方法の見直しが必要です。本来決済システムは直列です、並列決済になっているなどは、何かしらの事情があるからなのです。その意図を解決させることなどを行い、本来の直列決済システムに戻すことが何より重要になります。更に組織変更や体制変更のカスタマイズを加味して変更のコストも最小限にとどめることができるように準備しておくことが大事です。