連結納税で節税対策|ワークフローで効率的な仕事をする

スーツの人達

秘書に電話を任せよう

パソコンを操作する人

2つに分類される

電話の対応をしてもらえる便利なサービスは大きく分けると2つあります。これはどういうことかというと一般的に事務所の電話に対応するサービスは、電話代行や秘書代行という名前になっているのです。こちらはお客さんの用件を聞いてくれてそれをEメール等に送ってくれます。お客さんや取引先の方などに安心感を与える事ができるのです。この他には商品問い合せをしてくれる窓口的なサービスがあります。こちらのものは受注代行やコールセンター代行と言うもので、電話番号を別に用意するのです。通販の問い合わせから求人などまで対応でき、秘書代行は違うサービスになります。これは秘書代行を行っている業者にあるサービスの1つなので覚えておくと便利です。

電話応対はお任せ

秘書代行というのは主に企業で使われているサービスになります。これは別の名称として電話代行とも呼ばれていて、電話の対応をしてくれるのです。具体的には事務所に人が不在の場合、そこに電話がかかってきた時に対応してくれます。電話については代行会社に転送する事になり、代行会社にいるプロのオペレーターが用件を聞くのです。その後にはEメールなどでスマートフォンに用件内容を転送してくれるので、どこにいてもお客さんからの電話内容を把握することができます。特に大事な取引などであれば一分一秒を争うことになるため、企業の方にとってはかなり便利なサービスと言えるでしょう。円滑な経営をしたいという時は秘書代行がおすすめです。