連結納税で節税対策|ワークフローで効率的な仕事をする

男の人

導入時の問題点

オフィス

ワークフローシステムを導入するにあたって、初期導入コストだけに目をとられて導入後失敗する事例があります。自社の決済内容と合致しているのかを加味したうえで考慮する必要があります。また現行の決済方法の見直しもコスト減に役立ちます。

詳細へ

秘書に電話を任せよう

パソコンを操作する人

電話の対応は秘書代行と、コールセンター代行などにわけられるので覚えておきましょう。秘書代行サービスはお客さんの用件を聞いてくれるサービスなので、会社に人が不在の時などかなり役に立ちサービスといえます。

詳細へ

時間とコストの効率化

パソコンを操作するメンズ

システム導入のメリット

近年話題になっているワークフローシステムは、決済や承認に関する事項を紙媒体ではなく、データベースに蓄積できることでよりスピーディにビジネス決済を済ませることができるメリットがあります。アメリカのように社長まで直結した組織では日本ではベンチャー企業など一部の企業に限定されており、ほとんどの企業では社長承認が必要な場合でもそれぞれの組織の長の決済を経て最終的に社長決裁に至るケースがほとんどでしょう。そのため、書類の押印欄の数もたくさんあるのが一般的です。しかしそれゆえに時間がかかるのです。ビジネスのスピードが重要視されている今、これを打破する一つの方法としてワークフローシステムの導入が話題になっているのです。ビジネスをより効率的にする特徴もあります。

効率化したフローを入れる

現行の運用方法をそのままワークフローシステムにすべて取り入れることもできますが、ワークフローシステム導入に際して仕組みを変更させることも大事です。例えば、並列決裁者の問題です。単に二人分の決済であれば機械上の仕組みは簡単ですが、実際には却下の取り扱いなど難しいこともあります。この運用をそもそもなくすことが、より簡素化させる仕組みになります。緊急時の決済についても同様です。代理権限をどのようにするのかなどの対応も、視野に入れておく必要があります。また、外出先からでも簡単に決済できる携帯電話の使用なども取り入れることで、効率は飛躍的に拡大します。完了した決済書類は、監査に対応できるようにまとめておくことができれば、その都度監査対策に時間を費やさなくても良いメリットもあります。

支払う税金額を減らす

社内管理でのメリットには連結納税という方法もあります。連結納税は、企業内で同じグループに属する会社同士が連結納税を組むことで節税をすることが可能になります。ですから、支払う税金を限りなく減らすための対策として取り入れている企業は多くあります。

知って得する代行サービス

ウーマン

社内管理サービスの中でも、年々注目されているものには秘書代行が挙げられます。クレーム対応からスケジュール管理など業務のサポートを行なってくれる秘書代行は、業務を効率化できる画期的なサービスなので利用してみる必要があります。

詳細へ